Y コンビネーター

シードのアクセレータープログラム

スタートアップ向けの書類 (SAFEノート)

SAFE 資金調達書類

Safe[simple agreement for future equity(将来の株式のための簡単な同意書)]は大部分の場合、転換社債を置き換えることを意図して作成されています。柔軟性を維持しながらも、転換社債についての多くの問題を解決していると考えています。

私たちは、Safeがよりシンプルで明確になることに加えて、投資家と創業者の両方に公平であることを目指しています。その開発の過程で、多くの優れたスタートアップ投資家がSafeを積極的に見直しました。私たちは、それが転換社債の良い進化だと信じており、スタートアップコミュニティが同じ目標を達成するためのより簡単な方法となることを願っています。

Safeの特徴は以下の通りです。

  • 転換社債とは異なり、Safeは債券ではありません。債券は、満期日があり、通常は一定の規制を受け、破産の脅威を生み出し、担保権と時には劣後契約を含むことがあり、その全てがスタートアップにとって意図しない悪影響を及ぼす可能性があります。

  • Safeを介してスタートアップに投資したお金は貸付金ではないので、利子は発生しません。これはスタートアップにとって特に有益ですが、最初の段階で貸し手となることを全く意図していない投資家の意向をよりよく具現化します。

  • 柔軟性があり、交渉すべき条件が少ない1枚の保証書として、Safeはスタートアップと投資家の法的費用を節約し、投資条件の交渉に要する時間を短縮するはずです。スタートアップと投資家は通常、1つの項目、すなわちバリュエーションキャップを交渉するだけで良いでしょう。Safeには有効期限や満期日がないため、満期日の延長や金利の修正などの対応に費やす時間や金銭が必要なくなります。

  • Safeはそれでも、高解像度の資金調達(訳注:投資家ごとにバリュエーションキャップの異なる投資契約を結ぶこと)を可能にします。スタートアップは、全ての投資家と同時に単一の投資契約締結を調整しようとする代わりに、両当事者の準備ができ次第、それぞれの投資家と契約を締結することができます。

Safeには4つのバージョンがあり、4種類の転換社債に対応しています:

Safeは全ての状況に適していないかもしれませんが、条件はかなり中立的なものです。そのため、safeを利用する両当事者には弁護士に見せることを助言するのはもちろんですが、あまりにも多くの変更を加えることなく多くの状況で使用できるものであると信じています。言うまでもなく、YCは当社のウェブサイト上にあるSafeまたはその他の書類を使用した結果について、一切の責任を負うものではありません。

販売契約

Y Combinatorのスタートアップが初めての販売をするとき、私たちは法的な部分を簡単にするための販売テンプレートを提供します。2015年に、Y Combinatorは全てのスタートアップの利益のために販売テンプレートをオープンソース化しました。

ここにある販売テンプレートは、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)のスタートアップ(すなわち、サブスクリプションベースでクラウドソフトウェアを課金する企業)に特化して作られています。YCのテンプレートを出発点として考え、自身のニーズに合わせてカスタマイズしてください。私たちの経験上、もっともスタートアップごとに異なる可能性が高い分野をハイライトしました。

この草稿を書く手助けをしてくれたGoodwin ProctorのJames Rileyに感謝します。言うまでもなく、YCとGoodwin Procterは、これらの文書を使用する結果について一切の責任を負いません。

原文 : http://www.ycombinator.com/documents/
Heap | Mobile and Web Analytics