Y コンビネーター

シードのアクセレータープログラム

株の希薄化

 ※題名のダイリューションとは、新株発行やストックオプションの行使などにより、発行株式数が増加する結果、出資者にとってシェアが減少したり、1株当たりの利益が減少すること。(出典)

おそらく過去5年間に非上場のテクノロジー企業に投資される資産は、今までで一番多かったでしょう。

この増加した供給によって生じた明白な結果は、会社の評価額(すなわち価格)が上がった事です。ほとんどの企業によって調達された資本も上がっています。

分かりにくい結果は、人々はより高い評価額でより多くの資金を調達するものの、彼らはそれでも企業の大部分を売却してしまうということです。

アーリーステージの資金調達市場が非常に厳しかった長い間、YCの企業に対する標準的なアドバイスは、合理的に可能な限り多くの資金を調達することでした。いつかそのアドバイスが再び正しくなるかもしれませんが、今、市場はシフトしています。

240万ドルのプリマネーバリュエーション(新規投資がなされる前の企業価値)で61万5000ドルを調達する(投資家に20%以下を売却する、つまりAirbnbが行ったことだ)より、1000万ドルのプリマネーバリュエーションで500万ドルを調達する(投資家に33%を売却する)ほうが良いように聞こえるでしょう。しかし、これは例外的に良い方法でお金を使用する場合にのみ当てはまります。さもなければ、あなたはあなたが保有する株式のバリュエーションが低くなる可能性があるからです。

今日、Airbnbの1%の株式には約3億ドルの価値があります。私は彼らが将来もっと価値が高くなることを期待しています。あなたの会社がある日、非常にうまくいくことを望むなら、あなたの資本をそのように扱うべきです。(株式を配る時にケチになってはいけないと思う1つの場所は、従業員に与えることです。ほとんどの創業者は、投資家に余りに多くの株式を渡しており、従業員には十分ではありません。)

「シードラウンド」や「シリーズA」のような用語は、従来よりもあまり明確ではなくなっています。一般に、私は、シードラウンドでは10〜15%、Aラウンドでは15〜25%分の株式を売ることを勧めています(アクセラレータを通過する場合は7%)。これらが1つの大きな初期ラウンドに組み合わされる時は、私は合計で会社の30%以下を売ることを提案しています。

また、創業者がこれをすべてモデル化する時間を取ることを勧めます(または、私のパートナーGeoff Ralstonが作成したAngelcalcを使用します)。創業者は、調達資金を減らす選択をすることが、価値の交渉よりも自分の所有権を保護するのにどのように役立つかに気づき

、しばしば驚いています。

もちろん、このアドバイスをあまりにも極端に考えることは簡単ですが、他の何ものよりも重要な事は、お金が足りなくならないようにすることです。

私は最近、会社が軌道に乗っていて、すでに投資家が、会社の50-60%を所有している状態で、Bラウンドを調達する予定の会社の例をいくつか見てきました。すべてのケースで、彼らにとってその時間は厳しいものとなります。 1つの非常に成功した投資家が言うように、「ベンチャーの不変な法則の1つは、キャップ・テーブル(資本政策表)上ではたった100%しかない」ということです。ある時点で、すべての作業を行うことが難しくなります。数%の株を売っても多いですが、あなたを殺しません。しかし30%を売るのは、あまりにも多すぎて、あなたを殺すことになるかもしれません。

資金調達をすることは成功ではないことを忘れないでください。初期に巨額の資金を調達することは、成功する企業のあり方では滅多にありません。(時々失敗する企業のあり方でもある程です。)たくさんの資金調達をして少しの事を行うのではなく、少しの資金調達でたくさんの事を行う会社の一つになってください。聞こえの良い投資家の長いリストを持つことによって、バリュエーションを求める衝動に抵抗してください。

節約する事はすばらしく集中する事です。余分な資本は、通常、何らかの形の持ち主の手に入ることになります。あなたが次のAirbnbになると、あなたがその株を持つ事ができ、本当に幸せになれるでしょう。

原文 : https://blog.ycombinator.com/dilution/
Heap | Mobile and Web Analytics