セアラ ・タヴェル

ベンチャーキャピタルGreylock のパートナー

Pinterestの成長から学ぶ5つのこと Part 2

パワーユーザー向けの機能開発

ユーザーの求める機能の全てを取り入れると、少数で活発なユーザーベースができます。

まず、ユーザーのリクエストは現在のサービスでできることならば、なんでも聞いてきます。フォードの言った(とされている)より早い馬を求める顧客の話は知っているでしょうか?彼らがあなたのユーザーです。

いずれ、彼らはあなたの製品をより複雑にするような機能を求め、それによって初めてのユーザーにとっては親しみにくい製品になります。時によってはこの複雑さは良いことですが、ほとんどの場合は、回避した方が良いものです。既存のユーザーから最も望まれているサービスを開発するとき、それはいつも5%以下のユーザーの便利性をのみ改善するものです。そのため、それはその5%以下のユーザーにとって、とても大きな変化である必要があります。そして注意してください:機能を減らすよりも、増やすことがもっと簡単なのです。なので、どの機能を追加するかには注意を払うべきです。

もう一つの問題は、求められる機能というのは現在ある問題に対する直接的な解決策ではなく、一時的な応急処置のようなものであることが多いということです。例えば、私がPinterestで働いているときに最も求められていた機能はピンを整理することです。お気に入りのピンを見つけるために、ずっと画面を下にスクロールするのは確かに面倒なことです。もしそのピンを一番上に持ってくることができれば!しかし、それは最善の解決策ではありません。

パワーユーザーは、パワーユーザーにとって望ましい機能を求めます。ピンの整理は、ユーザーの中でも極一部の人にとってのみ必要な機能です。この問題の根本的な原因は、求めているピンを効率的に見つけることが難しいということです。

するべきことは、ユーザーの求めている機能をただ取り入れることではなく、より大きな問題を解決する上で何が必要なのかを見抜くことです。より多くのユーザーの利便性をあげる解決策を考えましょう。この場合、ピン付けされたものの整理ではなく、私たちは「パーソナル検索」というものを導入しました。ピンナー(Pinterest ユーザーのこと)はこれで、自分の探しているピンをより効率的に見つけることができます。これによってユーザーはひたすらピンの整理をすることなく、検索をすることができます。

また、こういった機能の開発のために必要なコストも考えなければなりません。多くのスタートアップがそうであるように、ある程度制限されている環境にいると、ユーザーの活発さや獲得のための機能を開発する上で何かしらのコストがかかります。新規ユーザーの獲得とは、グロースハックとは違います。製品をよりシンプルにする、利用用途を増加、ユーザーの維持などいったことが必要です。

 

ある程度くっつく製品を開発したら、既存ユーザーの維持ではなく、次の数百万人の新規ユーザーの獲得について考える必要があります。多少の既存のユーザーの不満と引き換えにでも、より多くの新規ユーザーの獲得について考える必要があります。

4. ユーザーの信頼を銀行のように考えましょう。引き出しよりも、振り込む金額を増やしたいのです。

ある金曜日での質疑応答で、ベンとエヴァンはユーザーの信頼を銀行のようなものであると表現しました。銀行には、引き出す金額よりも振り込む金額が大きくあるべきです。実際、一つのネガティブな経験を埋めあわせるためには、5つのポジティブな経験が必要であると聞いたことがあります。かなり高額な取引です。

この考え方に基づくことで、Pinterestをすぐにアメリカで最も人気のある消費者ブランドにまでのし上がることができました。実際、最近ProphetでNikeやAppleと並び、アメリカのトップ10ブランドの一つとして選ばれました。

振込の多くは素晴らしいユーザー経験によるものでしたが、それだけではありません。エラーメッセージを減らすためにサポートコミュニティをつくることで、振込をします。

そして銀行に十分の貯金がある場合は、あなたが何か失敗したり、新しいことを試しても許されます。例えば、Pinterestが急成長を迎えている時、サイトは時々ダウンしていました。エンジニアが復帰させるために働いている間、コミュニティチームはFacebookやTwitterでPinterestがダウンしていて、復帰させるために努力していることを伝える投稿をしました。そして、ユーザーは私たちの努力について感謝してくれました。もし、その頃までにPinterestへの信頼がなければ、ユーザーはネガティブな印象を覚え、信頼がさらに下がるでしょう。

5. いつも良い方向に進んでいるとは限りませんが、大丈夫です。常に長期的な目標を考え、何を成し遂げるのかについて考えましょう。

どんな企業にとっても成長が停滞し、士気が下がることはあります。Faccebookにも停滞した時期がありました。

Pinterestも早いうちにこのような経験と向き合いました。2012年の夏まで、Facebookが私たちの主な流通チャンネルだったのですが、その後FacebookはInstagramを買収し、Facebook上のニュースフィードでのPinterestの表示は減りました。大きな痛手で、新しい成長戦略を見つける必要がありました。

成長が遅れる時期は、どのような企業にとっても怖いものです。自己嫌悪と反省の時期です。ニッチな製品なのか?もっとInstagramのようなものになるべきなのか?最終的に私たちは自分たちらしさを大切にすることにし、チームはそれに基づく新しい成長戦力を立てました。そして、成長は再加速しました。

組織的に困っているときには、基本的な理念に戻り、リーダーシップを振るう必要があります。大学を出て最初の仕事は、スタートアップのコンサルティング企業でのものでした。この時の企業の戦略はめちゃくちゃでした。毎日のようにウェブサイトを更新して、新しい戦略に変えていました。負の連鎖で、いずれ皆(私含み)その企業から去りました。

ただ、いつだってこのような日、月、四半期はあるということを覚えていてください。あのFacebookですら、このような時期を乗り越えてきたのです。しかし、核となる戦略に集中していて、その戦略が正しければ、きっと成功をみることができます。

--------------------------------------------------------------

このポストについてのフィードバック、そして急成長中の企業でのあなたの経験など、是非お聞きしたいです。そして、もしあなたが急成長に入ろうとしている消費者テック企業にいるのであれば(greylock.comのタベル氏など)、是非直接お話したいですね。

原文 : https://news.greylock.com/five-lessons-from-scaling-pinterest-6a699a889b08#.24g472bc7
Heap | Mobile and Web Analytics