サム・アルトマン

Y Combinator 社長兼パートナー

スタートアップのアドバイス

これは、多くを省略した簡潔なまとめ版だ――長文版はここで読める:http://startupclass.samaltman.com

会社ではなく、アイディアから始めよう。単なるアイディアやプロジェクトの段階 では、リスクは低いものとなって、君はもっと、奇妙に聞こえても潜在的には大きくなる可能性のあるアイディアを検討する気になれるだろう。会社を始める最高の方法は、面白いプロジェクトを築くことだ。

一方で、「会社」を運営するとなると、早すぎる段階で、何らかのアイディアに専念しなくてはならないというプレッシャーを感じるだろう。これが単なるプロジェクトなら、取り組みがいのあるものを見つける時間をもっと費やすことができるだろうし、それは重要だ――スタートアップがうまくいけば、君はおそらく非常に長い間、そのアイディアに取り組むことになるだろうから。

少なくとも一人は技術系の創業者をチームに加えるようにしよう(つまり、会社が作ろうとするものを何でも作れる人だ)。

一般的には、大きくても成長が遅い市場よりも、成長の早い市場を選ぼう。特に、成長の早い市場は重要になるという確信を君が持っていて、他の人たちはこれを重要ではないとして却下している場合はなおさらだ。

スタートアップにとって最高のアイディアは、ひどいアイディアに見えても、実際には優れているというアイディアだ。

人々が求めているものを作ろう。これをしっかり理解すれば、他のものほとんどに失敗しても大丈夫だが、そうでなければ、何も君を救ってはくれない。

「面白いプロジェクト」から「会社」モードへ移行したら、断固として、すばやく行動をしよう。一週間かけて意思決定について考える代わりに、一時間で決定をし、その次の一時間でこれを片付けるように頭を切り替えよう。

Become formidable.  Also become tough—the road ahead is going to be painful and make you doubt yourself many, many times.

侮れない存在になること。また、タフになろう――目前の道は、痛々しいもので、何度も何度も自分を疑わせるものだ。

ユーザーに君の製品を紹介する方法を突き止めよう。これは、手動で始めよう(次を参照: http://www.paulgraham.com/ds.html)。

ユーザーが君に語ることに耳を傾けて、君の製品を改良しよう。いくらかのユーザーに惚れ込んでもらえるものができるまで、これを続けよう(ポール・バックヘイトによる多くのすばらしい見解の一つは、多くのユーザーに好んでもらえるものよりも、少数のユーザーに惚れ込んでもらえるものを作る方が良いということだ。ユーザーが君の製品に実際に惚れ込んでいるかどうかに関して、自分自身を騙さないようにしよう。

何か人々に惚れ込んでもらえるものを作ったという確信が持てるまで、バーンレートはかなり低めに抑えること。そうするには、ゆっくりと雇用をすることが一番簡単な方法だ。

戦略を持とう。大半の人たちは持っていない。たまに、君の戦略に関して、君がどう行動しているかについて考える時間を取ろう。特に、君はいずれ独占権を得る必要があるということを覚えておこう(ピーター・ティエルの意味でだ)。

資金調達をする前に次を読もう: http://paulgraham.com/fr.html

君が欲しいものを求めることを学ぼう。

プレスが君について言うことは無視しよう。特にそれが褒め言葉ならなおさらだ。

君の会社の早い段階で収益を生み出そう。

できる限り最高の人たちを雇おう。これに関してどんなに時間を費やそうとも、おそらく十分ではない。従業員にはたくさんのエクイティを与え、非常に高い期待を持とう。賢くて、効果的な人たちは、成功に欠かせない。次を読もう: http://blog.samaltman.com/how-to-hire

採用で間違いを犯したら、すばやく解雇しよう。

いい印象を受けない人と働かないようにしよう――これは、従業員(そして共同創業者)、パートナー、投資家などに当てはまる。

より大きな規模でユーザーを得る方法を突き止めよう(つまり、ガマンして、営業とマーケティングがどう機能するのかを学ぼう)。ついでに言えば、これは現在の流行りではあるものの、ユーザーの生涯価値以上を費やして彼らを獲得するのは、認められる戦略ではない。

成長率に固執して、絶対に止まってはいけない。会社は、CEOが測定するものを作る。もし自分が「私たちは今のところそれほど成長には焦点を当てていないんです」と口にしていることに気がついたら、間違っているものに焦点を当てているという可能性について、非常に慎重に考えるようにしよう。また、虚栄心のための測定基準に騙されないようにしよう。

いずれ、会社は、誰もが、特に創業者たちが並外れて献身している伝道団へと進化する必要がある。「伝道師 vs. 雇われ兵」のサウンドバイトは使われすぎだが、真実だ。

重要ではないことに君の時間をムダにしないようにしよう(つまり、製品の開発、ユーザーとの会話、成長など以外のことだ)。一般的に、スタートアップ運営に関する映画に出てくるようなものは避けよう――弁護士や会計士との会議、たくさんのカンファレンスに行くこと、誰かとコーヒーを飲みに行くこと、たくさんの会議に参加することなどだ。デラウェア州のCコープになって(Clerkyや、その他有名なシリコンバレーの法律事務所を使う)、製品開発に戻ろう。

重要なことに激しく集中すること。毎日、二つか三つ、君がすべき最も大事なことは何かを突き止める。これらを実行して、それ以外の邪魔なものは無視する。徹底的に実行するマシーンとなろう。

必要なことを行い、言い訳はしない。

人々を管理する方法を学ぼう。従業員が幸せでいられるようにすること。これを無視してはいけない。

すばらしい製品を作ることに加えて、本当に成功したかったら、すばらしい会社を作る必要もある。だから、君の文化についてもよく考えよう。

個人的なつながりの重要性を見くびらないようにしよう。

売却したいという気持ちが確実になるまで、買収の関心は無視しよう。「市場を確認する」ことはしない。この間違い一つを回避することができれば、すばらしいものになっていたであろう会社でいっぱいの異世界がどこかにある。残念ながら、私たちの世界では、こういった会社は皆、死亡している。

一生懸命働こう。誰もがこれ以外の成功の秘訣を欲しがっている。もしそれがあるなら、私はまだ見つけていない。

これを十年間続けよう。

原文 : http://blog.samaltman.com/startup-advice-briefly
Heap | Mobile and Web Analytics