サム・アルトマン

Y Combinator 社長兼パートナー

Quora

インターネットこそが、知識をシェアしたり、お互いに学ぶ事ができるものだと私は強く信じている。YC Continuityに変わって、Quoraに積極的にに投資をしている話を喜んでシェアしたいと思う。

-----------------訳注-----------------

Quoraとは・・・実名制のQ&Aサイト。2009年に設立。拠点はマウンテンビュー。スタートアップに関する質問をすれば、Silicon Valleyの有名企業のCEOなどから直接質問が返ってくる事もしばしば。時価総額は $1.8 Bににのぼり、(2017年4月現在。Techcrunchの記事より)ユニコーン企業である。

----------------------------------------

Quoraはすこぶる好調子だ。彼らは、190Mのマンスリー・ユニーク・ユーザーがいる。この数字は一年前と比べ、ほぼ2倍である。機械学習の導入とこれまでの知識の蓄積でプロダクトをより良く、そして大きくしてきた。そして、Quoraのコンテンツは常に私にカスタマイズされている。

そして、何と言っても私は、Quoraは非常にクオリティーが高いコンテンツを持っていると思っている。そして、それはユーザーが生むものだ。これは、全人類知識が集まる数少ない場所になる可能性を秘めている。この目標に果敢に挑んでいる技術も素晴らしい。この会社には優秀なチームもプロダクトも揃っているので、私たちは自信を持って投資をしている。

アダム(Quoraの共同創業者)は、Silicon ValleyのCEOの中で一番頭がよいのは誰かを話し合った時に常に名前が出てくる程頭が良い。そして、彼は長期的な目標に集中することができる。これは、最近のIT業界の中でも珍しい特技だ。

私と、Quoraの関係は2014年の5月から始まった。QuoraがYC (訳注:Yコンビネーターのアクセラレータプログラム)に参加した時からだ。すでに成功している会社に投資することは普通ではなかったが、成功しているQuoraには彼らがスケールすることを助ける目的で投資をした。その時、YCがアクセラレータープログラムを卒業した会社にどう投資するか明確に決めていなかった。Quoraに投資した経験は、私たちがその後2015年の10月にYC Continuityを立ち上げるきっかけにもなった。

Quoraの初期からのファンとして、そして投資家として、彼らの未来を一緒に作り上げていきたい。そして、彼らの成長にとてもワクワクしている。

原文 : http://blog.samaltman.com/quoraf
Heap | Mobile and Web Analytics