サム・アルトマン

Y Combinator 社長兼パートナー

技術系創業者ではない?ハックの方法を学ぼう

技術系ではない単独の創業者たちから、声をかけるべきハッカー系創業者候補を誰か知らないかと、よく質問される。この人たちは、アイディアに関して情熱的なピッチを行い、今までに精力を出して行ってきたこと全てや、話しかけた顧客、作ったひな型、申請した暫定の特許などの長いリストを渡してくる。多くの場合、彼らは思慮深く、勤勉である。だが、しばしば技術系創業者を何カ月も探していて、そのプロセスの際に、仕事が停滞してしまっている。

こういう人たちが、「このビジネスを成功させるのに必要なことなら何でもする」と言うときには(彼らが大抵言うことだ)、私は「ハックの方法を学んだらどう?すばらしいハッカーになるには何年も何年もかかるが、サイトやアプリを作るのに十分な程度には数カ月でなれる。たとえあなたが次のバージョンを作る予定ではないとしても、ソフトウェア企業を運営するのならば、少しでも知っておくことは良いアイデアのように思えるけど」というような返答をする。

大抵、「それは私の時間を割く一番良い方法ではないだろう」、「好きではない」、あるいは「そういう種類の脳は持っていない」という類の返事が来る。(今日さっきもらった返事は「わかってないですね。私はアイディア系の人間なんです。私がハッキングをしていたら、誰が投資家に話をするというんですか?」というものだった。これが、この記事のきっかけとなった。)だが、たまに、これについて考えて、ハックの方法を学ぶ人たちもいて、大抵それはうまくいく。

しばしば、彼らはこれがどれほど簡単なことか驚くものだ。ハッカーたちの多くは、駆け出しの人たちを助けることが大好きだ。だいたい何にでもチュートリアルがあるし、すばらしいライブラリやフレームワークがある。

大事な付け加えを一つ。独習しようとすると、これは非常に難しくなる可能性がある。Rubyの奇妙なエラーに出くわして、諦めてしまうだろう。こういったもどかしい部分を克服する助けとなってくれる誰か―友人、教師、コーディングブートキャンプなど―が側にいてくれることが重要だ。

ハッカーたちは自分のスタートアップに関して必要があれば、ビジネス関係のものごとを学ぶ意志がある。ビジネス系の人たちも同じようにすべきだ。その気がないというのならば、コードの書き方を覚えるよりもさらに大きな挑戦が、スタートアップの過程で現れるということを覚えておくべきだ。また、おそらく適切な共同創業者を見つけるのにかかるよりも短い期間でコードの書き方を学ぶことができるということも覚えておくべきだ。

共同創業者といえば、注意を一言。共同創業者という明らかな目的で知らない人と会うというのは、ほぼ滅多にうまくいかない。あなたが見つけたいのは、長い間の知り合いで、すでに一緒に仕事をしたことのある人だ。これは、創業者を持ち込む代わりに、自分でハックの方法を学ぶ、もう一つの良い理由だ。

あなたは製品の最初のバージョンを作ることができる。たとえそれがひどいものであったとしても(YCには、Codecademyでハックの方法を学び、プロトタイプを作るのに十分な程度まで学ぶことができた、技術系ではない創業者がいた)。実際に、本当のユーザーフィードバックを得て、モックアップ以上の何かを反復して開発できるようになり、優れたハッカーを十分感心させて仲間に引き込むことができるだろう。チューリング賞を受賞することはまずないかもしれないが、賢く、そして覚悟があれば、意味のあるバージョン1を作るのに十分な程度には間違いなくなれる。

もしあなたが単独の創業者でハックができないならば、学ぼう。

原文 : http://blog.samaltman.com/non-technical-founder-learn-to-hack
Heap | Mobile and Web Analytics