サム・アルトマン

Y Combinator 社長兼パートナー

グレッグ

多くの人が、理想的なコーファウンダーについて私に尋ねます。

今、私には答えがあります。:Greg Brockman(グレッグ・ブロックマン)。

私が知っているすべての成功したスタートアップには、起業しようとする力をもたらす少なくとも1人がいます。 私はYCのスタートアップに助言しながら抽象的にこれについてたくさん考えていましたが、OpenAIまで、近くの誰かがスタートアップを起こすのを促すところを見たことがありませんでした。

OpenAIはグレッグなしでは起こりませんでした。 彼は物事に素早く完全にコミットする人でした。 私は初期のころ、グループディナーを開き、組織がどのように見えるかを話し、その後グレッグを車で送りました。 グレッグはサンフランシスコへ帰るまでの半分のドライブにて、いくつかの質問をしました。そして、彼は会社に加わることを宣言し、ドライブの残りの半分で、事業の詳細な計画をし始めました。

それ以来、彼は完全に会社に入り、メールの応答時間は平均で約5分でした。 イーロンと私はどちらも日常業務に忙しかったのですが、グレッグは不完全な情報と遅いインターネット回線にもかかわらず、すべてを前進させ続けていました。

彼は創業チームの採用もしました。 グレッグは世界トップクラスのリクルーターです(彼はインタビューを詳細にプランニングし、候補者の生い立ちを深く研究し、思いやりのあるフォローアップを何度も何度も送ったりしていました。)創業チームの誰かが素晴らしいリクルーターでなければなりません。

彼は信じられないほどのフィードバックを受け止める人でした。 大きくても小さくても、彼はいつもそれを喜んで聞きいれ、まったく怒らず、とても素早く処理します。 私は一度、彼が組織に大胆なビジョンを伝えていないと示唆しました。次回、彼がそれについて話すのを聞いたときに(そしてそれ以後)私たちが本当に重要なことに向けてどうやって成功するのかについての説明として完全に校正し直されていました。私が彼とアイラとで共同で組織をリードすることを提案した時のような、非伝統的なアイデアであっても、彼はいつもオープンで思いやりがありました。

グレッグはまた、「ノンテクニカル・コーファウンダー」の役割を果たしました。しかし、彼のことを知っているほとんどの人が「グレッグは知っているなかで最も生産的なエンジニアだ」と言うと思うので、 これは不適切な名前かもしれません。彼は企業文化を明確にし、オファーをしたり、オフサイトを企画したり、従業員みんなを彼のアパートから仕事をすることを許したり、物資を注文したり、食事後に清掃したりするなど、すべての非技術的役割をはたしました。


すべての問題の解決策を見つけることに専念する人がいなければ、どれほど難しいかにかかわらず、結局は大きな問題が発生し、あなたがまだ弱い間にあなたは殺されてしまうでしょう。 創設チームは、困難の難しさにかかわらず、悩んでいるすべての人が頼れるチーフ・オプティミストが必要です。そして、彼らは常に困難な時に誰にも頼れないので、常にその人は辛い状況になります。


創業チームにはもちろん偉大な技術的才能が必要ですが、グレッグのような人がいることを確認してください。 彼らが同じような人なら、きっと大躍進です。

原文 : http://blog.samaltman.com/greg
Heap | Mobile and Web Analytics