ピエール・レシェル

Saas グロースハッカー・マーケター

成長のマインドセット:グロースの10原則 Part 1

多くの人が仮説検証を行いますが、希望の結果を得られることができていません。重要な部分がしばしば欠けています。:グロース・マインドセットです。

彼らは成長したいのに、達成するための方法をあいまいに考えてしまっています。そして、目標を達成するための重要な原則を欠いています。実践の背後にある基本的な理解が不足しているのです。

なら、成長率を上げることができたら?最終的にプロセスを最適化することができたらどうなりますか?そうすれば、グロースすることができるのです...

この記事では、あなたの成長をお手伝いするためのいくつかの原則をご紹介します。これがみなさんの役に立つ事を願っています!

ーー

グロース・チームを作りたいですか?あなたを助けるためのチェックリストを作成しました。 1人の仕事から最大限の成果をあげる完全なチームに簡単に移行できます。ここをクリックしてダウンロードしてください。

ーー

インフォグラフィック

あなたは忙しいに違いありません。あなたが1トン分のテキストを読む代わりに、以下のインフォグラフィックの図から、主な原則を抽出しました。

以下の使い方について、お気軽にお問い合わせください。(訳注:お問い合わせは原文からよろしくお願いいたします。)

成長マインドセット・インフォグラフィック

1.経験から学ぶ

成長は仮説検証次第で決まります。 「仮説を検証する」とは、何が効いているのか、何が効いてないのかを調べるための一連のテストを実行することです。

仮説の検証を行う理由は、私たちの質問に対して、誰も答えられないと考えているからです。もしかすると、他のビジネスでは誰かが答えられるかもしれませんが、あなたが必ずしもそうとは限りません。

あなたが何かを検証するとき、あなたの仮説を有効にも無効にもすることができます。ほとんどの人は成功 / 失敗のレンズを通してこれを見てしまっています。

学びたいという理由で、失敗する事はありません。しかし、あなたが学べた時は成功で、そうでない時は失敗となります。

それは簡単なのです。あなたの実験が失敗したとしても、新しい洞察力を得たなら、それは成功となるのです。

学習すると、より正確な推測を行う事ができ、さらに成功するような実験ができます。

初めに多くの成功を期待することはありませんが、製品と顧客を理解すればするほど、仮説検証は成功するでしょう。

2.データ志向

デジタルビジネスは、あらゆるステップを測定することが可能です。全ユーザーがアプリで行なっていることを簡単に追跡でます。

これは、他のどのビジネスマンよりもあなたの顧客について知っているという事なのです。これらを使用しましょう!

最高のグロース担当は、利点としてそれを利用します。全ての意思決定にデータを使用する必要があります。

データについて話すとき、ほとんどの人はGoogleアナリティクスやKISSmetricsなどの分析ツールを考えます。しかし、他の使用可能で貴重な情報源を忘れてはいけません。

顧客インタビューはグロースと製品開発を促進するのに役立つ完璧な情報源です。

間違ったことを学ぶのを避けるために、初期からAnalyticsスタックに投資するようにしてください...(間違った仮説を無効にすることは、あなたのビジネスに悲惨な影響を与えます)

3.革新的なテスト

グロースは革新的で創造的なアイデアを実行することで決まります。

競争相手がしていることを参考に、自分自身を制限しないでください。あなたが望む事ならなんでも自由にする事ができます。

革新的でいて、現状を超えてください。:現在のサービスの登録プロセスが3ステップでも、必ずしもそれが最善のプロセスではありません。

現在のプロセスの欠陥を探し、結果に満足するまで改善してください。

成長は革新的になれるかどうかで決まります。業界に起こっている事をコピーするだけでは、潜在的な結果をひどく制限してしまいます。

4.さらに進んでください

成長は決して止まりません。試用版から有料版へのコンバージョン率が95%の場合でも、改善できる点は常にあります。

すべてが最適化されていると思うときは、1週間休憩してください。仕事に戻って、もう一度考え直してください。どこでほとんどのユーザーを取り損ねているでしょうか?自分たちがより影響を与えることができるのはどこでしょうか?

成長していることに、決して満足すべきではありません。あなたはいつでももっと先へ行くことができるのです。

Part 2につづく...

原文 : https://www.pierrelechelle.com/growth-mindset
Heap | Mobile and Web Analytics