ポール・グレアム

Y Combinator 共同創業者

話し言葉で書こう

2015年 10月

読者を増やすコツを教えましょう:話し言葉で書くことです。

ほとんどの人にとって、文章を書くときは少し考え方が変わります。そのため、友達と話しているときとは違う風潮で文章を書きます。文章の構成も、言葉すらも、話しているときは違います。英語を話すときに「pen」を動詞として使うひとなんていません。友達と話すときに「write」ではなく「pen」という言い方をするなんて馬鹿らしいと思うことでしょう。

この文章を書こうと思ったきっかけは、数日前に読んだこの文章です:

気まぐれなスペイン人は宣言した:「アルタミラの後にあるのは、退廃だけである」

ニール・オリバーの「A History of Ancient Britain(古代イギリスの歴史)」という本からの文章です。同じ問題を抱えた文章は他にも多くあるので、この本を悪い例であるように取り上げることには少し気が引けます。しかし、友達の前でピカソを「気まぐれなスペイン人」と呼ぶのを想像してみてください。この一文を会話に使うだけでも、周りから不自然に思われることでしょう。それなのに、このような書き方で本までも出版されているのです。

そう、書く言葉と話し言葉は全く違います。では、書き言葉は話し言葉より劣っているということでしょうか?

あなたの書いたことが人に読まれて、理解されたいと思うのであれば、話し言葉の方が良いでしょう。書き言葉の方が複雑であるため、読みにくいのです。また、堅苦しく、距離感を感じやすいため、読者の集中力も途切れやすくなります。そして最も大きな問題なのは、難しい単語や文章を書くことによって、書き手であるあなたが自分の書いていることを過大評価してしまいがちであるということです。

複雑なアイデアを表現するのに、複雑な文章は必要ありません。難解な議題について異なる分野の専門家たちが自分たちの考えを述べるとき、彼らは昼食に何を食べるか相談するときと同じような簡単な文章を使います。普通の話し言葉には出てこないような言葉は確かに使うでしょう。しかし、そのような言葉は必要以上には使いません。そして私の経験上、議題が難しいほど、より分かりやすい話し方をします。部分的には、証明する必要のあることが少ないからだと思いますが、説明しようとしているアイデアが難しいほど、言葉で伝達を妨げないようにしているからだと思います。

堅苦しくない言い方は、アイデアの運動着のようなものだ。

しかし、どんな場面でも話し言葉が良いというわけではありません。詩なんかでは、文章というより音楽に近いものなので、会話では使わないようなことも書くでしょう。また、難しい言葉を散文でも使いこなすことのできる人もいます。あえて分かりにくくしたいこともあるでしょう - 例えば、業績不振を発表するときや、インチキをするときなど... しかし、それ以外のほとんどの人にとっては、話し言葉の方が良いと思います。

ほとんどの人にとって、話し言葉で書くのは難しいことのようです。なので、コツとしては下書きはいつも通りに書いて、その後で一文一文「友達に話すときでもこう表現するかな?」と確認していくことです。もし違う表現がされていれば、会話ではどう表現するかを想像して、その表現を使ってください。しばらくすれば、書くときにも自然と話し言葉の表現をするようになるでしょう。そして話し言葉でない書き方をしたときには、すぐに違和感を感じるようになるでしょう。

私も文章を公開する前には、自分で音読して、話し言葉になっていない部分を全て直します。また、読みづらい部分も全て直します;これが必要なことかは分かりませんが、やるに越したことはありません。

このコツだけでは十分ではないこともあるかもしれません。実際、一文一文直すことが不可能であるほど、話し言葉からかけ離れた文章も見たことがあります。このような場合は、より抜本的な解決策が必要です。下書きを書き終えたあとに、友達にその内容を説明してみてください。そして、友達に説明したときに使った言葉で、下書きを置き換えてください。

私の文章を読むと、まるで語りかけられているかのようだと、よく言われます。私がこのように言われること自体が、どれほど多くの人が話し言葉で書いていないかということを証明しています。そうでなければ、誰の書いた文章でも、語りかけられているように感じていたことでしょう。

ただ話し言葉で書くだけで、他の95%の人よりも読みやすい文章を書くことができます。そして、それは友達に話しているかのような文章であるか確認するだけという、とても簡単なことなのです。

原文 : http://www.paulgraham.com/talk.html
Heap | Mobile and Web Analytics