ポール・グレアム

Y Combinator 共同創業者

不景気に起業した方がいい理由

この記事は2008年10月に書かれたものである。

「1970年代中頃に起きた不況と同じくらい現在の経済状況は悪い」と専門家が恐れているくらい、厳しい状況であることは明らかである。

そして、その不安定だった70年代にMicrosoftとAppleは創られた。

このことから分かるように景気が後退している時期はスタートアップを始めるにあたってそこまで悪いタイミングではないのかもしれない。不況時こそがスタートアップを始める良いタイミングだと言っているわけではない。実際のところ、経済状況はそこまで重要ではないのだ。

我々はこれまで多くのスタートアップに投資をしてきた。そこで学んだことを1つだけ挙げろといわれたら、「成功するか否かは起業家の質にかかっている」ということである。確かに経済は多少の影響はある。しかし成功するか否か予想するとき、景気なんて起業家の質の問題に比べると誤差のようなものだ。

つまり、スタートアップで重要なのは時期ではなく、あなた自身なのだ。もしあなたが起業家の本質を持っているならば、たとえ経済が不況でも成功するのである。そしてもし起業に合っていないなら、たとえ景気が良くても失敗するだろう。「経済状況が悪いから今スタートアップを始めるのは良くない」と考えている人はバブル期の「今起業したら間違いなくお金持ちになれる」と考えていた人と同じミスをしている。

成功するチャンスを掴みたいのであれば経済状況について考えるよりも誰が共同創業者にふさわしいか考えるべきである。そして自分の会社が生き残れないかもしれないと悩んでいるのであればニュースを見てはいけない、鏡を見るのだ。

原文 : http://www.paulgraham.com/badeconomy.html
Heap | Mobile and Web Analytics