ポール・グレアム

Y Combinator 共同創業者

不景気に起業した方がいい理由

この記事は2008年10月に書かれたものである。

「1970年代中頃に起きた不況と同じくらい現在の経済状況は悪い」と専門家が恐れているくらい、厳しい状況であることは明らかである。

そして、その不安定だった70年代にMicrosoftとAppleは創られた。

このことから分かるように景気が後退している時期はスタートアップを始めるにあたってそこまで悪いタイミングではないのかもしれない。不況時こそがスタートアップを始める良いタイミングだと言っているわけではない。実際のところ、経済状況はそこまで重要ではないのだ。

我々はこれまで多くのスタートアップに投資をしてきた。そこで学んだことを1つだけ挙げろといわれたら、「成功するか否かは起業家の質にかかっている」ということである。確かに経済は多少の影響はある。しかし成功するか否か予想するとき、景気なんて起業家の質の問題に比べると誤差のようなものだ。

つまり、スタートアップで重要なのは時期ではなく、あなた自身なのだ。もしあなたが起業家の本質を持っているならば、たとえ経済が不況でも成功するのである。そしてもし起業に合っていないなら、たとえ景気が良くても失敗するだろう。「経済状況が悪いから今スタートアップを始めるのは良くない」と考えている人はバブル期の「今起業したら間違いなくお金持ちになれる」と考えていた人と同じミスをしている。

成功するチャンスを掴みたいのであれば経済状況について考えるよりも誰が共同創業者にふさわしいか考えるべきである。そして自分の会社が生き残れないかもしれないと悩んでいるのであればニュースを見てはいけない、鏡を見るのだ。

それでも、創設者にとって景気が回復してから事業を始めたほうがいいのではいいのではないか?という疑問があるだろう。もしあなたが飲食業を始めるのであればそれは当てはまる。しかしテクノロジーの分野はそれに当てはまらない。テクノロジーは多かれ少なかれ株式市場から独立している。以上のことから考えると、景気回復を待つよりも、不景気のうちに動き始めた方がより利益を得やすいのである。

Microsoftが最初に出した商品はアルテア用の基本的な翻訳システムであった。それはまさしく1975年に世界が必要としていたものであり、仮にビル・ゲイツとポール・アレンがあと数年待つ決断をしていたら手遅れになっていただろう。

もちろんあなたが今持っているアイデアが最後のひとつではないはずだ。アイデアは常にでてくる。ただ、もしあなたが自信を持っているアイデアがあるのなら今動き始めるべきだ。

経済状況を無視していいと言っているのではない。顧客と投資家は不況時には困窮しているだろう。顧客が経済状況に苦しんでいることは問題にはならない。むしろそれを利用し、顧客にとって節約になる何かを作ることで利益を得ることができる。スタートアップはできるだけ少額でモノを作ろうとする。その点で不況時にはスタートアップは大企業に比べ有利な位置にいるのだ。

それよりも投資家が問題になるだろう。スタートアップは普通外から資金調達をしなければならない。投資家は景気が悪いと投資活動を控える傾向がある。そうなるべきではないのだが。皆が知っているように、株式市場は価値が下がっている時に買って、上がった時に売るものである。それを知っていながらも投資活動ではそれが出来ない理由は、株式市場と違い皆が分かる買い時が定まっていないからである。投資活動で正しいことを行うには他の人がとらない行動を取らなければならない。当然のことだが、それが出来る投資家は数少ない。

1999年に投資家がひどいスタートアップに投資しようと我先に押しかけたのと同じように、2009年はおそらく良いものにさえ投資することをしぶるだろう。

この投資家の行動にあなたは慣れなければいけない。何も新しいことはない。スタートアップは常に投資家の気まぐれに付き合わなければいけないのだ。それぞれ違った経済状況のときに起業した、多くの創設者に投資家たちが気まぐれだと思うどうか尋ねてみるとよい。そして彼らがどんな顔をするか見てみよう。

昨年はあなたのスタートアップがいかに影響力があるかについて説明する必要があった。来年はどのようにして不景気に耐えることができるかどうかについて説明する必要があるだろう。

(どちらのタイプのスタートアップも重要だ。投資家の問題点は判断基準を誤っているのではなく、どれかひとつに固執しすぎてその他を無視することだ。)

不況に耐えるスタートアップ作りは何も難しいことではなく、いずれあなたがやらなければいけないことである。できるだけ費用を抑えること。少ない資金で運営することである。

私が何年もかけて創設者に伝えている、最も確かな成功への道がある。どんな過酷な状況でも生き続けるゴキブリのようになることだ。スタートアップが駄目になる一番の原因はいつも資金不足である。だから少ない予算で運営できでばできるほど潰れにくい。幸いにもスタートアップを始める費用は安くなってきており、不景気によってさらに安くなるだろう。

社会全体に本当に厳しい冬がやってきたなら、今の会社にしがみついているよりもゴキブリになる方が賢明かもしれない。あなたの商品を手にする余裕がなくなった顧客が少しは去っていくかもしれないが、一度にすべてを失うわけではない。市場の頭数が減ることはないのだから。

起業するために退職して、もし他の仕事を見つけることが出来なかったらどうする?もし営業やマーケティングポジションで働くのであれば問題となるかもしれない。そういった分野の新しい仕事を不景気の中見つけるのは何か月もかかるかもしれない。しかしハッカーはもっと流動性があるようにみえる。腕の良いハッカーはいつも何かしらの仕事を持っている。理想の仕事とは違うかもしれないが、食べることに困ることはないだろう。

不景気に起業するもう1つのメリットは競合が少ないことだ。新技術は定期的に出てくる。もし他の者が不景気を恐れてなにもしないのであれば、あなたの独占状態になるだろう。

あなたは同時に投資家でもあるのだ。起業家として働くことで株を買っているのである。ラリー(Larry)とセルゲイ(Sergey)があんなにも金持ちなのは彼らが何百億ドルの価値のある仕事を成し遂げたからではなく、彼らこそがGoogleに投資した第一人者だったからだ。そして投資家と同じようにあなたも不景気の時にこそ買う、つまり事業を始めるべきだ。

数段落前に”合理的に考えれば不景気の時にこそ投資をすべきだが、現実をみると投資活動が控えめになる愚かな投資家”について話していた時にあなたはうなずいていただろうか?しかし起業家だって同じなのである。不景気になるとハッカーは大学院に行く。今回も同じになるだろう。実際に前に述べたことが現実になるなら、ほとんどの読者は私が言っていることを信じていないことになる。

何度も言うが、不景気は起業する良い時期なのだ。競争の少なさという利点が投資家の投資行動を抑制するという欠点を上回るかどうかははっきりとは言えない。それでも景気はあまり重要ではないのだ。重要なのは人である。そしてテクノロジーに関わる人は誰だって、今行動しなければいけないのだ。

原文 : http://www.paulgraham.com/badeconomy.html
Heap | Mobile and Web Analytics