ポール・グレアム

Y Combinator 共同創業者

ハッカーニュースから学んだ事 part.2

コメント

悪質なコメントは悪質な投稿よりも難しい問題である。トップページの投稿の質は当初からあまり変わっていないが、平均的なコメントの質はいくらか悪くなった。

悪質なコメントには主に2種類のタイプがある。意地悪なものとバカなものである。この2つのタイプには重なるところが多くある。意地悪なコメントはよくバカバカしい内容になりがちだ。しかしこの2つの対処の仕方は異なってくる。意地悪なコメントの方が防ぐことが簡単だ。害を与える言葉に関するルールを作ればいいのだ。そうすることで人々が悪質なコメントを投稿できないようにするのである。

バカなコメントを防ぐのはもっと難しい。愚かなコメントの境界線がはっきりしていないからである。意地悪なコメントをする人と違ってバカなコメントをする人は自覚していない場合もある。

最も危険なバカなコメントは愚かな内容のものでも、論点のずれた議論でもなく釣りのコメントである。論点のずれた議論の長文コメントは実際のところ数は多くない。コメントの質と長さには強い相関関係がある。コミュニティサイトのコメントの質を比較したければ、コメントの平均的な長さを比較すると良いだろう。コメントの質と長さに相関関係がある理由は、人間の本質に関係しているだろう。単にバカなコメントというのは要点の取違いからではなく内容のなさによるものである。

原因が何であれ、バカなコメントは短い文章のことが多い。他とは違った情報を短い文章に盛り込むのは難しいため、その代わりおかしなことを言って目立とうとするのである。嫌がらせは1番簡単なユーモアの形であるためバカなコメントは人を軽くあしらったような内容になりがちである。

原文 : http://www.paulgraham.com/hackernews.html
Heap | Mobile and Web Analytics