ポール・グレアム

Y Combinator 共同創業者

自分が好きなものだけを真似しろ

2006年 7月

高校にいたころ、よく下手な作家の真似をしていました。国語(英語)の授業を受けているときに学んだことのほとんどはフィクションだったので、それが文学の最高峰であると勘違いしていました。1つ目の間違いです。最も尊敬されていた文学の多くは誰かの複雑な苦しみを描いたものでした。面白おかしいものは、シェイクスピアやチョーサーなど理解するのに苦労するほど昔のものでなければ評価されていませんでした。2つ目の間違いです。形式としては、短編が良いと思っていました。実際には雑誌出版によって短命であったことをのちに学んだのですが、高校での授業には最適な長さだったので、多く取り上げられていて、これが良いと勘違いしていました。3つ目の間違いです。そして、あまりに短かったため、ほとんど何も起きていませんでした。人生観についての話が適当に述べてあれば、優秀な作品であると賛美されていました。4つ目の間違いです。結果的に、私は誰かが複雑な方法で苦しむ以外に何も起きないような話を多く書き上げました。

大学生活の大半、私は哲学を専攻していました。哲学誌に書いてあることに関心したからです。とても美しく書かれていました。簡単そうで、とても難解に書かれていたのです。どんな簡単なことにも、モダリティにモダリティを重ねていました。結局はっきりと理解することはできなかったのですが、理解もっと時間をかけて読むことができる時にと後回ししました。そして、真似をしようと最善を尽くしました。今では、全くの無意味なことであると理解しました。結局何も言っていないからです。哲学者はお互いに反駁をしません。反駁できるほどはっきりとしたことはなにも言っていないからです。当然、私の模倣も、何も内容のないものでした。

大学院でも、まだ間違ったことの真似事をして時間を無駄にしていました。推論エンジンと呼ばれる、エキスパートシステムというものがありました。私はこれらの仕様を見て、「これなら1000行のコードで書ける」と思いました。それを、著名な博士たちはそれについて本を出版したり、スタートアップでは一年分の給料ほどの価格で売られていたりしていました。なんて機会だ!と思っていました。みなの関心しているものが、私には簡単に作れるのだから、私は天才なのかもしれない、などと思っていました。大きな間違いでした。ただの流行りだったのです。エキスパートシステムについて書かれたその教授たちの本も今では見向きもされていません。全く無価値なことだったのです。それらに大金を払っていた人たちは、トイレ座席やドライバーに何千ドルも払っているような政府機関でした。

どうすれば、間違ったことを真似しないのか?本当に好きなことを真似することです。ここで述べた全てのことは、好きなことのみ真似していれば起こっていませんでした。国語の授業で読む短編集が好きな訳ではありませんでした。哲学の論文から何も学んでいませんでした。私自身はエキスパートシステムを使っていませんでした。ただ、これらが世間で受けていたので、良いものであると思い込んでいたのです。

関心したこと、好きなことの違いは難しいかもしれません。コツの一つは、体裁を無視することです。華やかに美術展に飾ってある絵画を見て、これがフリーマーケットで作者もわからず汚いまま売られていたとして、私なら買うのかどうか、と考えます。美術展でこれを実践してみると、面白いことになりますよ。外れ値だからといって、データポイントを無視しないでください。

本当に好きなことを見つけるもう一つのコツは、自分がこっそりと楽しんでいることは何かみることです。若く野心的な人間の多くの好むものは、多くの場合それで優越感を得ているから好んでいると思っているだけです。Ulyssesを読んでいる人の99%は、「俺Ulysses読んでるぜ!」などと思いながら読んでいます。少なくとも、こっそり楽しんでいることは、純粋に楽しんでいることです。優越感や見た目などを気にせずに本当に好きで読むものはなんですか?残り半分しか残っていないと、半分も読んだと誇らしげに思うのではなく、名残惜しく感じてしまうような本はどのようなものですか?それが、あなたの本当に好きな本です。

実際に良いものを真似したとしても、もう一つ見落としてはならないことがあります。真似する対象の、良い部分のみを真似して、悪い部分は真似しないでください。欠点の方が、見やすいため、当然真似もしやすいものです。例えば、18,19世紀のの画家の多くは、茶色っぽい色を使っていました。ルネッサンスの偉大な画家たちの真似をしていたのです。しかし、ルネッサンスの絵画が茶色かったのは、時代で汚れたためなだけなのです。当時の絵画は今では復旧され、美しい色を放っていますが、模倣物の色は今でも茶色なままです。

私が間違ったものを真似することを止めてくれたのは、偶然にも絵画でした。院生の途中、私は画家になりたいと決めたのですが、芸術の世界はあまりにも腐敗していて、私を盲信から起こしてくれました。彼らと比べれば、哲学の教授すら数学者のような綿密さを持つかのようでした。内部者でなければ評価されないような社会であることがはっきりしていて、半ば強制的に真似することが悪いことであると気づかされました。そしてそのあとは、今まで同じ間違いを犯していません。

これは、絵画を通して学んだ最も重要なことの一つです:自分で何が良いものなのか見つけなければなりません。権力者を信じてはなりません。これについては、彼らは嘘をつきます。

原文 : http://www.paulgraham.com/copy.html
Heap | Mobile and Web Analytics