マイケル・サイベル

Y Combinator CEO兼パートナー

不必要用なユーザーとは

ちょうど会社を始めたばかりのときは、多くのスタートアップは獲得することができる全てのユーザーを獲得するでしょう。彼らはある問題に対する強いアイデアを持っており、その問題を抱えているユーザーをできるだけ多く引き付けたいと考えています。 残念なことに、一度納屋のドアを開ければ、あらゆる種類の問題を抱えたあらゆる種類の人が手に入ります。彼らの中には、あなたが解決しようとしなかった問題を解決してもらいたいがために、プロダクトを乗っ取ろとする人もいます。 全体として、これらのハイジャック犯はあなたが望まないユーザーです。

たとえば、ベビーシッターのためのUberを始めたとしましょう。ターゲットは、4歳から12歳までのお子様連れの両親です。特殊なトレーニングを受けていないベビーシッターにサービスを提供してもらうことで、サービスを幅広いユーザーに合理的な価格で提供することができます。今、幼児や発達障害を抱えるティーンエイジャー向けにサービスを提供すればどうなるでしょう?彼らのニーズはまったく新しい問題を提起しています。おそらくスタートアップによって解決できる問題ですが、必ずしも私たちの問題ではありません。自分たちが提供していないものを顧客が必要としているからといって、ビジネスをピボットする必要はありません。

なぜ彼らの問題を一緒に解決しないのでしょうか?

あなたがすべき時もあります。時には、ハイジャックユーザーが実際にあなたにさらに深刻なニーズやさらに大きな問題がある場所を示していることもあります。しかし、他のケースでは、より小さなユーザーグループであったり、最悪の場合、その人たちだけの問題を解決するというトラップに導くこともあります。これはコンサルティングビジネスです。もし、テクノロジーのスタートアップをしているのなら、二度と起こらないようなユーザーの問題を解決するビジネスになりたくはありません。

そうすれば、何をすべきなのでしょうか? 正しい答えはありませんが、この新しい問題に乗り込む前に、あなたの共同創業者と会話をしましょう。あなたが解決しようとしている問題を切り換えるべきですか?そのユーザーはより大きなグループになりますか?そのユーザーまたはそのような人にサービスを提供する場合、ビジネスの経済状態は異なりますか、崩れますか? そのユーザーは、ビジネスを成長させるためのより良い機会を提供しますか?

Justin.tvの場合、ビデオゲーマー向けのピボットをしたことは適切でした。ビデオゲームを放送する人は常に少なかったですが、一貫したユーザーグループでした。彼らの重要性を認識するまでには4〜5年かかりました。それらのサービスを彼らに提供しても、ビジネスのコストはあまり変わっていませんでした。主な出費は給与とサーバー費用でした。人々が視聴しチャットしている限り、どのビデオがストリーミングされているかなどは気にしませんでした。また、非常に興味深い収益化手段を開拓しました。オンライン動画広告主は、一般的なUGCコンテンツよりもビデオゲームプレイに対して宣伝したいと考えていたのです。

Noと言うこと

もしそのユーザーにサービスを提供したいと決心したら、それは大丈夫です!カスタマーサービスをよくするということは、全ての潜在的な顧客にサービスを提供することではないということを覚えておきましょう。あなたが解決することができない問題を抱えている人々に常に礼儀正しく接するべきですが、別の問題を解決することに集中していることを彼らに伝えることを悪く思う必要もありません。彼らの問題は生き残るかもしれませんが、あなたは、より多くのターゲットの役に立つことができるでしょう。また、特定の問題に焦点を当てることは、プロダクト・マーケット・フィットを見つけるのに役立ちます。

アーリーステージでは、1つの問題を本当にうまく解決することに集中することによって、少人数の人を非常に幸せにすることに賭けていきます。どんなユーザーでも、製品のロードマップを操縦できるようにしてしまうと、多くの問題を半分だけ解決することに留まってしまうのです。

原文 : http://www.michaelseibel.com/blog/users-you-don-t-want
Heap | Mobile and Web Analytics