マイケル・サイベル

Y Combinator CEO兼パートナー

創設者内での株式の分け方

創設者はよく共同創設者との株式の分け方について質問をしてきます。ネットで答えを探してみると、良くないアドバイスをよく見かけます。特に「ファウンダーのグループによってそれぞれ違う量の株式を分けろ」といった答えです。毎年Y Combinatorに申し込みをしてくる何千人の人々の最近の傾向もそうです。

 

以下が不平等な株式の配当に至る理由です。

·          私が会社のアイデアを思いついた

·          共同創設者よりnヶ月前に働き始めた

·          これが我々が合意したものだ

·          共同創設者が私よりnヶ月前から給料をもらっていた

·          共同創設者よりnヶ月前からフルタイムですでに働いていた

·          共同創設者より私の方が年や経験がある

·          私がn千ドルを調達した後、共同創設者を迎えた

·          私がMVP(必要最低限のプロトタイプ)をローンチ後共同創設者を迎えた

·          創業者が議論する場合には結びつける誰かが必要だ

 

 

創業者たちは、初期の頃の仕事が理由で、株を不平等に分けてしまう傾向があります。

基本的に以下の四つの事によって引き起こっています。:

 

·          企業価値の高い会社を立てるには7〜10年かかります。1年目のわずかなバリュエーションでは、今後大きくなる企業価値の、株式の配当を決められません。

·          株式が増える=動機が高まる。ほぼ全てのスタートアップは失敗します。創業者のモチベーションが高ければ高いほど成功率が高くなります。創業チームのモチベーションの欠如が原因で、スタートアップが失敗してしまうと、元も子もありません。高い株式配当は大切な事なのです。

·          共同創業者を大切にしていなければ他の人も同じに扱ってしまうでしょう。投資家は創業者の株式分別を通して社長がどのくらい共同創業者を高く評価しているかを計算します。もし共同創業者に10%または1%の割合しか与えていない場合、他の人は共同創業者があまり良くないか、会社に影響を与えない存在と判断してしまいます。チームの質は、多くの場合、投資家が投資するかしないかを決定する重要な理由の1つです。そうであれば、なぜ価値がないチームをであると伝えてしまうのでしょう?

·          スタートアップはアイデアではなく、実行力です。初期に、プロダクトを市場に出し、トラクションを生み出した創業者よりも、会社のアイデアを最初に思いついた共同創業者に不当に株式を分けている時もあります。

全ての仕事は先行しているため、株式は均等に分割されるべきです。株式の配当に関しての私の助言はおそらく議論の余地があると思いますが、それは私たちのスタートアップに全て適用したことでもあり、YCで常に推奨していることであります:共同創業者の間で平等な株式分割。(1)共に闘う人たち。おそらく家族以上にこの人達と時間を過ごすことになる。あなたの会社で最も重要な質問を決めるのを支援する人達である。最後に、あなたが成功した時、共に祝う人達である。

 

私は創設チーム間の平等または同等の株式分割が標準となるべきだと考えています。自分のパートナーに同等の株を与える気がなければ間違ったパートナーを選んでいるのかもしれません。

 

このエッセイの草案を読んでくれたジャスティン・カン、カザ・ユニス、コリン・テイラーに感謝します。

 

ノート

(1) 共同設立者と別れてしまうことが心配な場合には、適切な権利確定スケジュールがあることを確認してください。シリコンバレーでの典型的な方法は、1年間の”崖”で4年間の権利確定をすることです。言い換えれば、会社の50%の株を書面では所有していても、1年以内に退社したり解雇された場合には株を得られないという事です。1年後には株式の25%を取得します。その後、毎月残っている25%のうちのt1/48を追加で得られます。4年後に全ての株式が得られます。この方式を通し長期に渡る仕事から創業者との相性を測る事ができます。問題がある場合には1年以内であれば、損なく問題を修正できます。もう一つ良い方法は、社長だけが取締役になる事です。共同設立者を解任させなければならない、などの議論をする時、経営陣の中で揉めることを防ぐことができます。

 

原文 : http://www.michaelseibel.com/blog/how-to-split-equity-among-founders
Heap | Mobile and Web Analytics