レオ・ポロベッツ

Susa Ventures パートナー

ただ言うのではなく、見せなさい

「月が輝いているなんて言わなくていい。割れたガラスのきらめきを見せてくれ。」

− アントン・チェーホフ

スタートアップのピッチでよくあるのは、あなたのチームの能力を賞賛するものです。「ねえ、私たちのリードエンジニアを見てよ。彼女はRubyの忍者なんだ。」または、「当社の営業部門責任者はとても仕事ができるんだ。」**

これらの主張に見られる問題は、誰でもそれを作りあげることができるということです。以下の主張を見てください。「私はPRとビジネス開発の能力に非常に長けています。」良い感じですよね?それが事実でないということ以外は。まあ、私はPRやビジネス開発を試みたことがないので、おそらくそれらのものにとても長けているかもしれませんが、そうでない可能性がとても高いです。

執筆の格言の一つは「言うのではなく、見せてください」というものです。これはスタートアップにとっても素晴らしいアドバイスです。投資家にあなたが得意なものを見せられる場合は、それをただ言うだけにするのはやめましょう。以下にいくつかの例をあげます。

  • (まだ実験をやっていない場合は)安く顧客を獲得できると言うのはやめましょう。代わりに、AdWordsやFacebook広告のテストに少額を費やし、結果を報告しましょう。

  • 営業部門責任者が生まれつきの販売の名人であると言うのはやめましょう。代わりに、どのようにして彼が最後の2つの仕事で営業ノルマを300%上回ったのかについて話しましょう。

  • デザイナーが素晴らしいセンスを持っていると言うのはやめましょう。代わりに、彼女の過去のプロジェクトのポートフォリオ、または彼女があなたのスタートアップで作ったものを見せましょう。

  • 開発者がロックスターであると言うのはやめましょう。代わりに、彼らが獲得したプログラミングコンテストの賞、または以前に構築したプロジェクト(と彼らの役割)、またはあなたのスタートアップで作成したものを列挙しましょう。

このアドバイスは、執筆と資金調達のためだけではありません。販売や採用など、様々な活動にも役立ちます。あなたのツールが最善であることを見込み顧客に伝えたり、優れた企業文化を持っていることを採用候補者に伝えることはできます。しかし、これらのものを見せるほうがはるかに効果的です。

** 人々はたいてい、そのように話すわけではありませんが、時にはそうします。

原文 : https://codingvc.com/show-dont-tell/
Heap | Mobile and Web Analytics