レオ・ポロベッツ

Susa Ventures パートナー

スタートアップがしがちなミスとその回避方法

“The right thing at the wrong time is the wrong thing.”

- Josh Harris

"正しいことでもタイミングを間違えると間違ったものとなる。"

初期段階のスタートアップにとって、利益を出していない限り常に時間の制限と戦っているようなものだ。通常シードラウンドは1〜2年のランウェイで構成されていて、その期間は常に短くなっている。ウェブサイトに資金調達に関するアドバイスは多くあるが、そのタイミングに関してのアドバイスはない。悲しいことではあるが、タイミングを間違えることは会社を潰すことに繋がる。

今にして思えば、いくつかのタイミングのミスは明らかであった。たとえば15ヶ月のランウェイで18ヶ月かかるの仕事の計画を立てたり、事業が麻痺しそうな時に真剣に何かに取り組んでいたり。他のミスはもっと分かりにくい。例えば資金調達サイクルにおいてのタイミングミスだ。(資金調達で投資家と連絡を取り始めることはあなたの会社のカギとなるメトリクスを落とすことでもあるため、ピーク期の2、3ヶ月後に資金調達を行うことは難しいだろう)

この記事では一般的なタイミングに関する問題、そしてそれを起こさないための体系について話したいと思う。

カギとなる質問

重要な決断を下すにあたって、創設者は以下の3つの質問を常に頭に入れておくようにしよう。

1.この決断によって、費用と利益の増減にどのような影響が出るだろうか?

2.この決断によって、費用と利益の変化のタイミングにどのような影響が出るだろうか?

3.この決断にをすることで、私の資金調達のタイムラインと費用、利益の相互作用にどのような効果があるだろうか?

通常1は皆意識していることだろうが、2と3に関しては見落としがちである。

理想は将来、費用は抑えて高い利益を得られていること、そして現段階で利益を出していることである。最悪なのは費用が高く先行し、利益を出すまでに何年もかかる場合だ。

原文 : https:[email protected][email protected]b?source=rss-a4a05e49e068------2
Heap | Mobile and Web Analytics