レオ・ポロベッツ

Susa Ventures パートナー

LinkedIn初期についての15の話 Part. 1

6月 14日 2016年

2003年、私は運良くLinkedInの最初の従業員の一人になることができました。12人程度しかいないときの話で、私は創業メンバーでない2人目のエンジニアでした。

(これが私です!)  2,000,000 ユーザーに届いた2005年の記念チーム写真

昨日、MicrosoftがLinkedInを260億ドルで買収するというニュースを見ました。私がLinkedInを離れてMicrosoftに移った2003年には、この小さなスタートアップがMicrosoftの時価総額の7%もの価格で買収されるとは想像もつかなかったことなので、本当に驚きました。

買収についての発表を読み、LinkedIn初期の日を懐かしく思いました。なので、そこでの2年間で集めたお気に入りの思い出について話したいと思います。(2003~2005)

注意:現時点では、LinkedInと全く関わっていません。LinkedInの株も持っていません。また10年以上も前の話なので、少し間違えて覚えている部分もあるかもしれません。

お金

  1. Series A

LinkedInの資金調達には関わっていませんでしたが、Series Aの長さは身にしみて体感しました。大学3年生であった2002年に私は非公式で働くオファーを受けました。そのオファーはLinkedInがSeries Aで資金を調達できることを条件としていました。数週間で終わるはずだったのですが、数ヶ月にまで長引いてしまい、Microsoftからのオファー期日が過ぎそうだったので、Microsoftの方を引き受けてしまいました。

原文 : https:[email protected][email protected]rss-a4a05e49e068------2
Heap | Mobile and Web Analytics