クリストフ・ジャンズ

Point Nine Capital, パートナー

私たちは、何を狩っているのか

私の書いてきた記事の中で最も人気のあったものは、あなたがどんな動物を狩っているかと質問したものでした。なので、当然次の質問は「私たちはどのような動物を狩っているか」でしょう。

ポール・グラハムは、黒い白鳥を育てたいようです。デイブ・マックリューは醜いアヒルの子や、小さな子馬、ケンタウルスが好きなようです。大規模なVCファンドのほとんどはユニコーンを探しています。人によっては、投資家はドラゴンを、あるいはデカコーン(ユニコーンのような一角獣ではなく、つのが10生えている)を狩るべきであるといいます。

私が一体なんのことを言っているのかわからないという貴方のために、軽い復習です。ユニコーンという用語は2年ほど前にアイリーン・リーが、10億ドル以上の評価額のある珍種で神秘的なテックスタートアップにつけたものです。それ以来、10億ドルの評価額はそれほど珍しくもなくなり、今では100億ドルを超えるテックの企業も出てたため、デカコーンという新しい用語が生まれました。ユニコーンがユニコーンと呼ばれる前、人々はこういった外れ値を持っていて投資家に巨額のリターン(見返り)をもたらすことのできる企業を黒い白鳥(動物に限らず、ホームランとも言いました)アヒルは、デイブ・マックリューがそこまでは大きくならなかった会社を呼ぶときの名前で、子馬ケンタウロスは1000万ドルと1億ドルの評価額のあるものに対して呼んでいます。最後に、ドラゴンというのはVCファンド全額を返還する企業のことです。

なので、この投稿のタイトルの質問で言いたいことは、私たちがどのようなエグジットを狙っているのかということです。どんなVCでも考えなければならない質問です。もし2億5000万ドルのファンドがあり、コストの前に10億ドルのリターンを求めているのであれば、大きな外れ値を狙うべきです。例えば、10%所有している100億ドルのエグジット?それとも、20%ずつ所有している1億ドルの企業50?それともその間くらい?

大規模なファンドにとっては、答えは簡単です。小さなエグジットの数の方が大きなエグジットの数よりも多くあるものの、エグジットの価値はごく一部の大当たりに集中されています。ピーター・ティールが詳しく話した、このベンチャーのリターン分配の法則は、大規模なファンドのリターンのは外れ値に一つ以上投資する必要があることを示しています。ジェイソン・M・レムキンの言うように:VCは生存するだけでも複数のユニコーンを必要としています。

では、私たちのような小さな(6000万以内)のアーリーステージのファンドはどうすればいいのでしょう?この質問を数年間考え続け、結論は - まだ私たちも熟練ではないので少なくとも現在の仮説は、としましょう - 最初に使った用語を使えば、ドラゴン、願わくばユニコーンを狩っています。

ユニコーンの数が数年で増えてきたとは言え、10億ドル以上の評価額のスタートアップはまだ稀なものです。アイリーン・リーの調査によると、ベンチャーのテックスタートアップのうち、ユニコーンになるのは0.14%しかないそうです。私たちのファンドから30-40の投資を行うことができるので、統計的にユニコーンに当たる可能性はかなり低いものです。しかし、だからといって、可能性に挑戦しないわけではありません。そして勝機を信じなければそもそもファウンダーにもVCにもなれません。しかし、私たちのビジネスモデルはファンドごとにユニコーンがいるということに依存したものではないということです。

ユニコーンに依存しなくて済む程度の小ささですが - そしてそれがエンジェル投資家との違いでもあるのですが - 、大量に小さなエグジットを重ねるだけで大きく成功できるほど小さくありません。2億4000万ドルのためには、エグジットで1000万円手に入れられるとして(5000万ドルのエグジットの20%と比例するため)、24もこのようなエグジットが必要です。しかし、数人職員と数千ドルの売り上げの段階の企業に投資している中で、60 - 80%の割合で5000万ドルのエグジットをするというのは現実的に考えにくいことです。なので、私たちの内部では「ファンド作り」と呼んでいるドラゴンも数匹必要なのです。ファンドの全額リターンされる、つまり私たちなら3000万ドルのエグジットの20%か、40000万ドルのエグジットの15%かです。

誤解されないために、最後に言いたいことは、私はユニコーンに対して全く負の感情を持っていないということです。実際、大好きです。今のところ2匹:Zendeskと、Delivery Heroを見つけました。なので、分配法則の良い面もしっかりみてきました。なので、答えは:ドラゴンを狩り、ユニコーンを願っています。

原文 : http://christophjanz.blogspot.com/feeds/522873591026109127/comments/default
Heap | Mobile and Web Analytics