ボストン・コンサルティング・グループ

中国がショッピングの未来について明かすこと Part 1

2017年5月4日

Chris Biggs、Amee Chande、Erica Matthews、Pierre Mercier, Angela Wang、Linda Zou

本稿は、BCGとAlibabaによる、小売の未来に関する連載の一つ目です。

タイムズスクエアの真ん中に立ち、輝くネオン、早口の行商人、ストリートパフォーマー、生演奏の音楽、車の騒音などに囲まれているところを想像してください。続いて、オンライン上で同様の騒々しい物事に囲まれているところを想像してください。中国のデジタルマーケットプレイスへようこそ。そこでは、コンテンツ、サービス、プロダクト、色、そして選択肢などは急速に変化しており、ショッピングはアドベンチャーとなっています。シンプルなオンライン上での取引に慣れている西洋の買い物客にとって、これはカルチャーショックとなります。

今日、中国は世界で最もeコマースが活発な国となっています。中国の国家統計局によると、中国の消費者は2016年に7500億ドルをオンラインでの取引に費やしています。これは米国と英国を合わせた総額を上回ります。この数字は驚異的なものですが、さらに興味深いことは、中国のデジタルマーケットプレイス、テクノロジープラットフォーム、そしてオンラインでの行動様式が、西洋と比較していかに異なった形で進化してきたかということです。これらの違いから、ショッピングの未来を垣間見ることができ、世界中の企業のための貴重な洞察を得ることができます。小売の未来に関する連載の一つ目である本稿では、今日の中国でのeコマースの概要をまとめ、中国と西洋でのいくつかの重要な違いを探索します。

デジタル革命はモバイルへ

原文 : https://www.bcg.com/publications/2017/retail-globalization-china-reveals-future-shopping.aspx
Heap | Mobile and Web Analytics