アッシュ・ラスト

TrinityVentures. SendHubの前CEO

シードの資金調達ーどうやってプレゼンを作る?

プレゼンテーション資料がいいかは資金調達において非常に大切です。それは、投資家に馴染むような形式で会話を構成し、ピッチ中の重要な視覚的援助となります。プレゼンテーションの作り方には数多くのアプローチがありますが、多くの起業家はいまだに苦労しています。以下のスライド10枚がシードステージで良く効くプレゼンです。

基本

スライド1:問題

投資家が早急に解決すべきだと思うような、明確な問題をすぐに提示することで、投資家の気を引きましょう。情熱を注ぐきっかけとなった実体験から話始めないでください。意見をデータで表し、カスタマーの苦痛に焦点を当てましょう。たとえば、「旅行業界のソフトウェアは良くない」と言ってはいけません。代わりに、「トリップアドバイザーの調査によると、旅行業者は、ソフトウェアのワークフローが原因で、1日の40%を無駄にしているのです。」と言いましょう。

スライド2:解決策

あなたは投資家が提案した解決策に同意して欲しいと思っています。最高レベルの機能、ユーザーのベネフィットは何なのかを伝える事に集中しましょう。まだ詳細には触れないでください。たとえば、「21世紀のソフトウェアを今の旅行業界にもたらす」とは言わず、「統一されたプラットフォームで反復作業をなくし、旅行代理店の生産性を30%向上させる」と言いましょう。

スライド3:仕組み

これらのスライドの後、投資家はあなたのスタートアップがどのように解決策をを実現するのかを理解する必要があります。通常、1枚のスライドの中に3ステップを記述する事で十分です。あなたのプロセスと現在既にあるビジネスを対比させると効果的です。 「代理店間でプラットフォームを切り替えるのに今まで3時間かかっていましたが、単純化した3ステップのプロセスのおかげで、30分に短縮されました。」

現在のトラクション

スライド4:トラクショングラフ

このスライドは、投資家を興奮させるべき所です。 グラフは1つだけ、またそれも1つの指標で、少なくとも6か月分をグラフ化します。アプリのダウンロード数など、簡単に影響を受けるものではなく、収益やユーザーエンゲージメントなどの有意義な指標をグラフ化します。たとえ良いグラフであっても、あまりにも多くの注釈や一つのスライドに複数のグラフがある事によって台無しになることがあります。注:エンタープライズ領域にいる場合、またはアーリーステージすぎる時は、データの不足のためにこのスライドを省略する必要があります。

素晴らしいグラフ

スライド5:ユースケースと顧客

あなたの製品を誰が、またはなぜ使用しているのかを投資家に話します。具体的な例は、あなたの製品を理解してもらうのに効果的です。ここでは、あなたの最もわかりやすい顧客のロゴを並べましょう。あなたの顧客がよく知られているブランドでない場合は、最も有益なユースケースを説明し、その顧客が流行っているという情報を補填してください。たとえば、「有料顧客の80%が中規模の旅行代理店であり、それぞれが3〜4の既存のソフトウェアツールを私たちの一つにまとめたプラットフォームに置き換えています。」

スライド6:お客様の声

投資家は、ユーザーが本当にプロダクトが大好きかどうかを知りたがっています。有名なブランドから、または一番大切なユースケースからのプロダクトに満足しているといった話を1〜3つほど組み込みましょう。投資家に最も効果的なユーザーの声は、なぜあなたの商品が愛されるのかと、それを使用する前にどれだけ苦しんでいたかを説明する事です。 例えば、「各予約を処理するには数時間かかっていたのですが、TravelFlashで予約すると、数分で済み、しかもどこからでも操作できるのです。」

潜在力

Slide 7:チーム

投資家にあなたのチームが10億ドル規模の会社を創設できると信じてもらいたいでしょう。プレゼンには5人までの写真を使い、いままで経験を強調するロゴを添付しましょう。ロゴは、有名企業、出身校、出版物の優先順位です。ピッチ中に各人の詳細を提供するチャンスがあるはずなので、スライドを煩雑にしないでください。あなたのチームが本当に例外的な場合は、このスライドを最初に移動してください。

スライド8&9:マーケット&ビジョン

市場が大きいことを実証するページです。それには、現実的なアプローチをとりましょう。通常は3つのセクションで十分です:現在のニッチな市場、少し広くなった中規模市場、そしてあなたが最終的に獲得する可能性のある市場。将来、長い目で見てこれらの市場をどのように攻めるかを説明するために、ビジョンとロードマップのスライドを次に入れてください。大きな夢を恐れることはありません。

Slide 10:予測と採用 

あなたは投資家に対し、今後の投資の関わり方をを話す必要があります。ですから、スタートアップがのちに成長する大企業についてを簡単に説明しましょう。この段階では、今後2年間のうち、年4回ほどで、大きな支出を計画する必要があります。採用の計画は、時間がたつにつれてゆっくりと加速し始めるはずです。採用人数増加とともに、収益の増加が示されるような計画が必要でしょう。

おわり&アペンディックス 

あなたの連絡先情報を含むスライドと、あなたのプレゼンが終了したことを人々に知らせるための「ありがとうございました」で終わり、拍手を受けます。このリスト以外のスライドや詳細は、すべてアペンディックスに記載します。質問に答えるためのライブラリとしてアペンディックスを使用し、質問に対する答えの補填や、準備を証明するために視覚的に働きます。

プレゼン資料は重要ですが、それは会話の始まりに過ぎません。スライドにすべての細かい情報を入れないようにしましょう。単純かつ簡潔にしておけば、投資家の注意を引きつけ、あなたのスタートアップに関心を持つ可能性が高くなります。

これは、シードの資金調達に関するポストのシリーズの2番目の投稿です。

最初の投稿は:どのようにミーティングを受けるかです。

ドラフトを読んでくれたKaego RustとDavid Smookeに感謝します。

原文 : https://hackernoon.com/seed-fundraising-how-to-build-a-deck-fe24ae05be4f
Heap | Mobile and Web Analytics