アーロン・ハリス

Y Combinator パートナー

共同創業者のマネジメントの重要性

2015年1月30日

創業者は従業員のマネジメントを行う以前に、創業者どうしをマネジメントしなければなりません。事実、2〜3人の創業者しかいない最初の段階においては、マネジメントの失敗はスタートアップにとって命取りとなります。しかし、創業者どうしのマネジメントは非常に難しいものでもあります。

共同創業者のマネジメントを行うことはとても重要かつ難しいことであるにもかかわらず、マネジメントについてのアドバイスはたいてい従業員や上司のマネジメントに関するものとなっています。それはそれで役に立つものですが、最初の段階ではそうとも限りません。初期の段階におけるマネジメントに関して私が読んだことのあるものは、「共同創業者のマネジメントは交際のように行え」と構造化されています。それは事実であるものの、多少役に立つ程度に一般化されたものです。

共同創業者のマネジメントは以下の数ある理由から難しくなっています。

  1. 初めのうちは、共同創業者間での指揮系統が明確ではありません。共同創業者の一人はCEOかもしれませんが、その人物が必ずしも最善のマネージャーであったり、エンジニアリング部門や営業部門、もしくはプロダクト部門を率いるのに最適であるとは限りません。

  1. マネジメントを行った経験がある共同創業者は滅多にいません。スタートアップを経営しながらマネジメントを学ぶのです。マネジメントを行う良い方法はいくらでもありますが、それを学んで練習するのには時間がかかります。

  1. 共同創業者はしばしば、同じチームに所属し、同じゴールに向かっているからという理由で、マネジメントは必要ないと考えてしまいます。

  1. スタートアップには強いプレッシャーが伴います。プレッシャーによって人は悪い意思決定を行ったり、いきり立ってしまうことがあります。そして、小さなミスが思わぬ結果を導くのです。

  1. コミュニケーションは想像しているよりもはるかに難しいものです。たとえチームに2人しかいないときでさえもそうです。

原文 : http://www.aaronkharris.com/cofounder-management
Heap | Mobile and Web Analytics